「誘って下さい」はプルスあり

数日前にとあるジュースバーの人員って知り合う事ができました。その方は大学1年生の妻でした。人通りの結構ある高架下のルートで「タピオカジュースはいかがですか?」という声をかけてくれました。わたくしは、色恋であり、しかも15年も離れていました。タピオカジュースは購入しなかったもののちょっとした時間ではありましたが、面白く談話をしました。別れ際の少し前にメイルといったTELの電話番号という自分自身の肩書きが書かれた企画名刺を渡しました。その際にSNSをやっているので、もしも、よかったら申請をして下さい。といった申し出をしました。その後もなんとなく話をして、「どこかに行きに誘っても大丈夫ですか?」とさらっと聞きました。こうした店頭「いいですよ」と答えてくれました。
 後日すぐにその妻からSNSの同僚申し出が来ました。後日、計測につきさらに「誘ってもいいですか?」というニュアンスのクエスチョンをしました。そうした店頭「いつでも誘って下さい」と言われました。見た目はかわいい人なので、これからの開発がずいぶん楽しみです。これを言われた結果気になったのでネットで、「誘って下さい」は脈搏ありなのかを調べました。そういった店頭「脈搏あり」についてでした。公式サイトはこちら